間違いやすい即日融資と即日審査

キャッシングの即日融資は「今日明日中にお金が必要」という場合でも、申込をして審査に通ればその日の内にお金が借りられる利便性のあるシステムです。キャッシング会社のホームページに「即日融資可能」とか「即日審査」と書いてあるのを見ます。

 

特に銀行カードローンの場合「即日審査可能」と表示されている場合がありますが、「即日融資」と「即日審査」では大きな違いが有るので、「即日・・」だけを見て、申込をしてしまうと、失敗するおそれがあるので注意が必要です。

 

申込をした日にお金が借りられるのが即日融資

大手消費者金融の場合は、すべてが即日融資に対応しているので、平日の午後2時前後に契約や手続きが完了していれば、すぐに指定口座へ振込をしてもらえます。また、銀行カードローンでも即日融資に対応している銀行があります。

 

よく知られているのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や新生銀行カードローン「レイク」などは、審査時間が最短で30分というスピード審査が可能なため、即日融資が可能な銀行カードローンとして人気があります。ただし、即日融資が可能だけれど、即日融資をしてもらう為には、指定銀行の口座を持っている必要のあるカードローンもあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

即日融資と即日審査の違い

即日融資はキャッシング会社のホームページから申込を済ませ、契約が完了すればその日の内にお金が借りられる利便性のあるサービスです。

 

そこで注意が必要なのは「即日審査」は申込をすれば最短、その日のうちに審査が行われ、融資が可能かどうかといった審査結果が伝えられるだけで、すぐに融資が受けられるものではなく、当日中に審査結果の連絡があったとしても、融資手続きが郵送になります。

 

送られてきた契約書に必要事項を記入し、書類を返送して初めて本審査がおこなわれます。本審査が終了すれば、自宅にカードが送られてくるといった流れになるので、お金を借りるには早くても1週間以上は必要です。

 

まぎらわしい表現をしているカードローンもあるので、サポートセンターへ電話を入れて「いつまでに手続きが完了すれば即日融資が可能か」という事を確認する必要があります。