信販会社のカードローンとは?

キャッシングの申込先には消費者金融や銀行カードローンだけと思っている人は多いですが、信販会社にもカードローンが有ることはあまり知られていません。

 

信販会社といえば、VISAやJCB、オリコといえばわかりやすいですが、クレジットカードを発行している信販会社のことです。信販会社はキャッシングができるクレジットカードや、ローンカードを扱っています。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

社会人ならほとんどのかたが1枚や2枚は持っているというカードで、クレジットカードと言えば利用する機会が多いカードです。

 

最近のクレジットカードにはキャッシング枠の設定も可能で、キャッシング枠の審査に通れば、クレジットカード一枚でショッピングにも利用できますし、多くは期待できませんが、キャッシングも出来るようになります。

 

銀行カードローンより低金利のローンカードもある

信販会社はクレジットカードでなく、消費者金融や銀行カードローンほど知られていませんが、ローンカードの申込ができる信販会社があります。

 

信販会社によっては、銀行カードローンより低金利で利用できるローンカードもあります。借入先を検討する時は、信販会社のローンカードもおすすめで、申込先によっては銀行カードローンより低い金利でキャッシングが始められます。

 

銀行カードローンの平均が4.0%~15.0%と設定されている中、三井住友カードゴールドローンは金利3,5%~9,8%、融資限度額は最大で700万円まで、オリックスVIPカードローンは金利3,0%~16,8%、融資限度額は最大で800万円、クレディセゾンの「MONEYCARD GOLD」の200万円コースなら金利が8,47%という低金利のカードローンがあります。

 

 

金利

融資限度額

三井住友カードゴールドローン

3,5%~9,8%

最大で700万円まで

オリックスVIPカードローン

3,0%~16,8%

最大で800万円

クレディセゾン

8,47%

200万円コース

 

 

ローンカードの申込条件は

ローンカードの申込条件は消費者金融と比べて、上限の年齢が少し低くなるところもあります。オリックスVIPカードローンは20歳以上65歳まで、セゾンのマネーカードは20歳から64歳まで、三井住友カードゴールドローンは20歳以上55歳までになります。

 

オリックスVIPカードローン

20歳以上65歳まで

セゾンのマネーカード

20歳から64歳まで

三井住友カードゴールドローン

20歳以上55歳まで

 

クレジット会社は貸金業法の適用を受けるので、年収がなければ利用できませんし、融資限度額は年収の3分の1以内になります。
できるだけ金利を低く借りたいというかたは一度検討されてみてはどうでしょうか。